メタボリックシンドローム

特定健診・特定保健指導について

特定健診・特定保健指導について

  • 特定健診・特定保健指導とは
     40歳から74歳の健康診断にメタボリック症候群に対する診断を実施する事が義務付けられます。
    健康診断は事業主が行う職場健診(健康保険)と市町村が行う住民健診(国民健康保険)があるが、会社員は従来通り健 診を受けるときにメタボに関する診断が追加される。

 自営業などの国保加入者には、国保の機関から受診券が送付される予定である。
メタボリック症候群に関連した生活習慣病などの疾患を予防することで、国民の医療費を抑制する狙いが国にはあると言われています。そのため、腹回りの測定や生活習慣病のチェックをし該当者には生活改善の指導をするとされている。

ようするに特定健診は従来の健康診断に腹回りの測定が追加されるのである。そしてメタボの該当かその予備軍と判断されると、医師、栄養士から生活習慣の改善(運動、食事など)を促される特定保健指導の対象者となる。

  • どうなるメタボの厳しい基準
     メタボの早めの予防で、医療費の抑制を図るという考えとは裏腹に、特定健診の基準が厳しすぎると言う声も多くの専門家の方から上がっている。
    国の基準が厳しく、日本ドッグ協会などは独自の緩やかな基準を作成されており、保健機関がどちらの基準を使うのかもはっきりしていない。
     
    基準が厳しければ、新たな医療費の費用が増加する可能性があるので、基準は将来見直されるかもしれない。どちらにしてもトップページで書き込みしたように「あなたはメタボリックシンドローム
    (予備軍)です」と医者にはっきり言われるとショックではありませんか?

 しかも運動をしなさい、食事はこのようなものにしなさいと人から言われると惨めになりますよ。
そうならないためにも「いまからでも何とかしよう」というサイトが「さよならメタボ生活」なのです。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional